カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

生命保険の加入率って?

読了までの目安時間:約 2分

 

生命保険は自分に万一のことがあったときに、残された家族にお金を残すためのものです。国や自治体では国民が万一のときに困らないよう、遺族年金や介護保障などを用意していますが、それだけでは不足する部分も多いです。そのため多くの人は自ら民間の保険を選び、万一のときに備えています。
日本人の保険の加入率は約80パーセントです。以前は男性が一家の稼ぎ頭だったため男性が加入している率の方が高かったですが、現在は女性の社会進出で性別に関係なく同じくらいの人が保険に加入しています。女性の方が加入している率が高い年代もあります。
年齢別にみると、20代で加入している人は50パーセントほどで、30代になると80パーセントほどに増えます。これは結婚したり子供が生まれたりしたことで責任が増え、家族のためにお金を残さなくてはと考える人が増えるためです。20代は就職を機に保険に加入する人が多いですが、保険を考えるきっかけが少ないのと金銭的な理由から加入しない人もいます。
圧倒的に加入している率が高いのは40代から50代で、60代になると加入者が減ります。50代で子供の手が離れる人が多いこと、60代で定年を迎えることなどから、それを機会に保険を見直して保険料を抑える人が多くなっています。

af9920062037l

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

個人年金保険の内容詳細

読了までの目安時間:約 2分

 

高齢化社会がどんどんと進む日本で、若年層に広がる不安は多くあります。中でも、年金はもらえないものと思ったほうが良いというのは、当然のようになってきました。

だからこそ、自分たちで備えることが重要であると言えます。

そんな備えにぴったりと言えるのが、個人年金保険です。分かりやすく言えば貯金ですが、若い時から貯金し続け、一定の年齢になってから受け取ることができるようにするためです。

また、解約しない限り受け取りができませんので、貯金がなかなかできないという人にも向いています。

年金の受け取り方には2種類あり、年数や額を決めて受け取ると、亡くなるまで受け取ることができる終身があります。
family3

年数や額を決めて受け取る方法であれば、積み立てた分を全て受け取ることができますが、終身の場合には、亡くなるまでなので長生きすることが前提と言えます。

また、メリットとして、年末調整などで控除が受けられるので、所得税や住民税の軽減に活かすことができます。商品によっては、戻り率が100%を超える場合があります。銀行に貯金するよりも、資金を増やす事ができると言えます。

老後の生活を考えての備えですので、家計に負担があっては何の意味もありません。

月々どれだけ支払えるかを検討して、加入を考えることが大切です。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

学資保険の内容詳細

読了までの目安時間:約 2分

 

生命保険商品は、病気や怪我をした場合に保障される内容のものが多いです。生存保険と呼ばれているもので、医療保険などがその代表例と言えます。しかし、中にはそれ以外の保険も色々あるのです。

学資保険は、子どもが生まれたばかりの家庭で人気がある生命保険となっています。教育にかかる学費を補助することを目的とした商品です。保険料をきちんと支払えば、教育資金が必要になる時期にまとまった給付金を受け取れるシステムになっています。

一般的には、祝い金や満期学資金として支払われることになります。

baby

成長する中で、入学・進学時期に合わせて給付されるため、契約者は必要な時にまとまったお金を手にすることができるわけです。15歳や18歳くらいを目安にし、給付を行う保険商品が多いです。

単に祝い金がもらえるだけではありません。万が一の時の保障が付加されている保険がほとんどです。子どもの怪我や病気の際に保障がついている保険があります。保険者となる父親か母親が亡くなった場合は、その時点から保険料の支払いをせずに給付金が得られるというメリットもあります。

ただし、保障が充実している保険の場合は、返戻率が100以下となるケースが多いです。中途解約する可能性がある場合は慎重に選ぶべきです。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

病気や怪我以外の保険について

読了までの目安時間:約 2分

 

生命保険をかけている方は多いです。

しかし、10代や20代で生命保険をかけている方は、中年層や年配の方に比べると圧倒的に少ないです。生命保険はもっと年をとってから入ろうと計画している方も多いようです。若い時は、学費にもお金がかかるので、保険にまで手が回らないという方もいます。

しかし、生命保険は早いうちから加入しておいた方が、老後にお得になるケースがあります。生命保険の中には、死亡保険や終身保険などがあります。死亡保険とは、その人が何らかの事情でお亡くなりになられた時に支払われる保険金額です。

これに対し、生きていた場合に支払われる保険には、生存保険というものがありますが、保険期間が満期になっても、その方が生きていた場合に、一定金額が戻ってくるというものです。

終身保険というのはご存知、保険の契約を結んだ日から、一生保険に入っていられるシステムのものです。

生命保険の中には、定期保険というのもありますが、これはいわゆる掛け捨てと呼ばれる保険で、一か月ごとに定めらられた保険金額を払い続けていくものです。解約した時に戻ってくるお金がないので、早くから入っていたとしても、あまり意味がない保険となります。短期間の一時的な加入であれば適していると言えます。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

医療保険の内容詳細

読了までの目安時間:約 2分

 

看護士

医療保険は生命保険会社や損害保険会社で数多く取り扱われている商品の一種です。

大きく分けて病気や怪我で入院した時に給付される入院給付金保障と手術をした時に手術給付金保障の2つをメインとしています。

保障の内容となる入院や手術は各会社の商品ごとに決められており、詳細は約款で確認する必要があります。

また、最近は内容によって保険の種類も多く販売されています。例えば女性特有の病気で入院や手術した場合は給付金が増額される商品やガンと診断されると即日一時金が給付される商品もあります。

先進医療による治療が必要な場合は先進医療手術料に相当する額を受け取ることができるものもあります。

また、これらの内容を特約として付加できる商品もあるので、自分でかかる恐れがある病気や医療費が心配な病気の全てをカバーするプランを組み立てられるようになっています。

そして保障期間も終身のものと有期のものがあります。保険料の払い込み期間も終身の支払いと設定期間で払い終えるものがあり、保険料は一定で見直しをしない商品が多いです。

保障期間が10年間など予め定められている場合は、年齢によって保険料が決められており、満期後はその時の年齢に応じて再度保険料の見直しを行います。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

介護保険の内容詳細

読了までの目安時間:約 2分

 

介護保険には国が準備している公的なものと、民間の保険会社が準備しているものがあります。

公的なものは40歳以上の人に税金を負担する義務があり、強制的に加入させられます。民間のものは各保険会社で加入年齢を設定しており、加入した人が保険料を支払うシステムです。

公的な保険を受けられる人は加入している40歳以上の人の中で、第1号被保険者と第2号被保険者に分けられます。第1号被保険者は65歳以上で、要介護認定を受けた人です。

kaigo

要介護認定は1から5まであり、数字が大きいものほど重い状態を指します。

第2号被保険者は40歳以上65歳未満で、16種類の特定の病気にかかって要介護と認定された人のことです。

特定の病気とはがんや間接リウマチなど、主に加齢が原因でかかるとされている病気です。

公的保険の受給を受けるには、第1号被保険者、第2号被保険者ともに40歳以上で保険料を納めていることが条件です。

つまり保険料を納めていない40歳未満の人は介護状態になっても公的保険の受給ができません。

民間の場合は加入できる年齢に定めがなく、各保険会社で設定されています。

そのため各保険会社の年齢をクリアしていれば加入でき、40歳未満で介護状態になるリスクに民間の保険を活用している人もいます。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

就業不能保険の内容詳細

読了までの目安時間:約 2分

 

保険の中には、就業不能保険というものがあります。

この保険も、人々にとって、大事な役割を果たしてくれる保険で、必要不可欠な保険となっています。

これがなければ、何か不慮の事故などに巻き込まれて病気や怪我を負い、働けなくなってしまった時に、自己負担がとても大きくなってしまいます。

例えば、今まで健全に働けていた方でも、何か事故で大怪我を負ってしまったり、大きな病気にかかってしまったとします。これらに関しては、誰も予測ができないので、保険をかけておくべきなのです。

このような状態になった時、余儀なく自宅療養になってしまう方もいます。

その方は、今まで働いていた勤務先で、今まで通り働けなくなってしまいます。

自宅で療養していなかければいけないので、職場に通う事はできないのです。そうすると、その方は収入を得る事はできません。

その時に保障されるのが、この保険なのです。自分の意志ではなく、就業する事が不可能になってしまった時に、適応される保険です。

メリットは、65歳まで契約期間が続くという点です。また、加入当時から保険金額が上がる事はなく、固定された金額なので、安心という点も挙げられます。

一か月に支給される金額は、10万円~50万円だと言われています。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

がん保険の内容詳細

読了までの目安時間:約 2分

 

がん保険はがんに備える保険です。がんの治療のためにかかったお金を保障してくれるもので、生命保険会社や損害保険会社、農協の共済などで取り扱っています。以前は治療の難しかったがんも医療の発達により様々な治療法が出てきており、治療のスタイルも変わっています。

保険も時代に合わせて様々なスタイルのものが出てきてます。ただ基本的には日額の入院費を決めておき、それによって手術給付金や診断給付金などの金額が決まるものが一般的です。このタイプの保険には特約がたくさんあり、通院や生活費を保障する特約などをつけられます。

af9940055852w

近年多いのは先進医療に備える保険です。がんの治療には先進医療も多くあり、そのほとんどが公的保険を利用できません。そのため最新の治療を行う場合には、高額の治療費を自分で備える必要があります。

先進医療に備えるものは損保会社の保険に多く、高額になりがちな先進医療に備えられます。ただし先進医療を使った治療は実際にはさほど行われておらず、手術による治療がまだ主流なこともあり、先進医療に関する保険料は安いです。

またがんになったときの収入を保障する保険もあります。がんになって働けなくなり、収入が途絶えてしまったときに利用できます。毎月年金と同じ形で、決まった額が支給されます。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

病気と怪我

読了までの目安時間:約 2分

 

かつて、死亡保障が主流だった生命保険は、近年生きるための保険が,、主流に変わってきています。ところで、将来に対する不安に、どんなものがありますか?死亡による経済的損失は、だれもが抱く一番大きな不安です。その他にも入院による出費や、介護状態による出費、老後の生活資金不足などが考えられます。

年代やその家族構成によって、必要とする保障の時期や額はそれぞれ違います。若年期の人は、まさかのときに家族の生活を守りたいと死亡保障を契約し、老年期の人は働けなくなったときや、介護状態になったときの生活資金のために年金保障を考えます。

ところが、病気や怪我はだれの身にも、予期せず突然起こりうる大きな不安要因です。いつでもどこでも、老若男女がその予備軍ともいえます。そんな生きるための保険に重きが置かれるようになったのは、自分のことは自分で守るしかないという考え方が、主流になってきたという社会的背景があります。国からの保障が十分でないという現実をしっかり受け止めておく必要があります。

特に不慮の事故による怪我は、待ったなしです。突然起こる働けないという現実が、容赦なく我が身にふりかかってきます。そんなときのために、死亡保障だけでなく生きるための生命保険の加入が必要です。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

死亡保障と生命保険

読了までの目安時間:約 2分

 

af9920058177l生命保険は、万が一病気や事故などで入院したり、または死亡してしまった時にもらえるお金で、加入期間やそれまで支払ってきた金額によっても、その額が変わってきます。基本的に期間や保障内容、支払う金額などのプランを自分で決めていくことになります。

死亡保障とは、病気や事故で死亡してしまった時に、お金が支払われる保障です。他に、医療保険やがん保険、また保険の商品内容によっては女性の病気などに手厚い女性保険など様々な保障プランがあり、それらを自分の判断で組み合わせていくのが一般的です。

死亡保障は、残された家族の経済的なダメージに対する保障となります。

家族の働き手を失ったり、子どもが成長する前に親が亡くなってしまい、十分な養育費や学費が得られない場合などに備えた保障です。独身やすでに子どもが独立したお年寄りなどでも、自身の葬式費用などを考え、加入する場合もあります。

もちろん健康に長く生きていくのが一番ですが、病気や事故のリスクはいつ身に降りかかってくるかは分かりません。しかしそうした万が一に備えておくのが基本的な保険の考え方です。医療保険なども合わせて入ると支払う金額が大きくなってしまうため、死亡に対する保障のみのプランに入る人も多いようです。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0