カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

契約後の補償内容変更は可能なのか

読了までの目安時間:約 2分

 

火災保険は自分の財産を守るために加入する保険です。自動車保険のように賠償が目的のものではありません。火災においては失火法という法律により火災を起こした責任は基本的には負わなくてよいことになっています。
このようにあくまで自分の財産を守るためですから、最初の契約後に内容を変更したくなることもあります。例えば、初めて契約したときには建物全部について補償する契約内容だったとしても、あとから補償内容を減らしたくなることもあります。補償内容を減らすということは保険料が減額することでもあるからです。
反対に、補償内容を増額したくなることもあります。火災保険というのは建物の評価額の範囲内でしか契約できないのが基本ですが、特約をつけることで評価額以上の保険金額に設定することができます。そうした気持ちになることもあります。
普通は、補償内容の変更は更新時に行うことが一般的です。ですから、通常は1年ごとの更新ですのでそのときに変更しますが、途中で変更することも可能です。
そうしたときは代理店や保険会社に連絡をして「変更したい」旨を伝えます。また、自分の意思とは関係なく変更しなければいけないこともあります。それは、建て替えをしたり増改築をしたりなど建物の広さや構造が変わったときです。そうしたときは必ず変更手続きをしていないと保険金をもらえないこともありますので注意が必要です。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

ソーラーパネルは建物の保険金額に含まれる?

読了までの目安時間:約 2分

 

住宅の保険に火災保険が在ります。
火災保険と言うのは、一般的に建物のみの保証で、建物に予め備え付けられているものも含まれています。
システムキッチンや、収納家具などの場合も建物に予め備え付けられているものは含まれますし、ソーラーパネルに付いても同じことが言えます。

含まれるかどうか判断に困る事もあります。
これは、含まれるかどうかで保証を得られない場合もあるからです。
住宅の保険の火災保険は、建物の所有者が加入をする保険であり、対象は建物のみとなります。
家の中で使っているテレビや洋服、そして趣味の持ち物などについては、火災保険だけでは保証は得られません。
これらは全て家財と言う形で定められており、火災保険とは別に家財保険と呼ばれる保険に加入をする必要があるわけです。

また、火災と言うものは、自らの家だけが出火原因になるとは限りません。
隣家から出火して、それがもらい火になった時に火災が起きるけースが在ります。
この場合は、建物は火災保険で保証を得られますし、家の中にある家財道具が燃えていなくても、消火活動などでテレビが使えなくなったりした際には、家財保険に加入をしておけば、保証を得られると言うメリットがあるのです。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

増築したのに保険がそのままだったら

読了までの目安時間:約 2分

 

火災保険で最も重要なことは建物を評価することです。そして、評価とは「火災になる確率」という意味です。例えば、木造と鉄筋コンクリートでは火災の起こる確率は木造のほうが圧倒的に高くなります。そうしたことで保険料が決まってきます。
次に大切なのが保険金額の設定です。これも建物の評価といえますが、建物は建築したばかりのときと30年経過したときでは価値が変わってきます。常識的に考えてもボロくなった建物と新築では値段が変わってくるものです。ですから、保険会社で決められた保険金額の設定範囲内に決めることになります。
火災保険はこのようにして保険料を決め契約しますので、もし建物に変化があったときは保険の見直しをする必要があります。例えば、建て増しなどをしたときは建物の構造が変化している可能性もありますし、それ以外にも間違いなく面積は広くなっています。
先に評価額について説明しましたが、評価額においては面積も重要な要素です。わかりやすい例を上げますと、構造などほかの条件が同じ場合に広さが100平方メートルのときと200平方メートルのときでは評価額は2倍くらいになるのは想像ができるはずです。ですから、増築をしたときは変更手続きをする必要があります。
もし、保険の見直しをせず変更手続きを怠っていた場合は、ケースによっては保険金が支払われないこともあります。保険というのは契約によって成り立っていますが、変更手続きをしないということは契約違反をしていることになるからです。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

保険金を請求すると更新時に保険料は高くなる?

読了までの目安時間:約 2分

 

火災保険は自動車保険などと違い、等級制などの制度はありません。ですから、保険金を請求したからといって次回の更新時に保険料は高くならないのが正解です。
なんとなく普通の感覚では、保険金をもらってしまうと次の保険代金が高くなるような感じがします。受け取る保険金と支払うお金を比べたとき、受け取る保険金が多いのが普通ですから、心の中で申し訳ない気持ちが生じるからです。
ですが、保険というのは「万人はひとりのために、ひとりは万人のために」というのが基本概念ですので、困った人を助けるのが基本的な考え方です。ですから、保険金を受け取ったからといって保険代金が上がるようにはならないのが本来あるべき保険の姿です。
ただし、例外がありましてそれが自動車保険です。昨年は契約内容の改定がありましたが、これも例外の考え方を強めた変更でした。
自動車保険は運転する人の技量によって事故が起きる確率が全く違ってきます。この点が火災保険とは全く異なることです。運転がうまいということもありますが、そのほかには事故を起こさないように慎重に運転するという性格的な部分もあります。ですから、自動車保険には個人差があることになりますが、火災保険には技量や性格的なことなど関係なく、単なる運の問題でしかありません。ですから、保険金を受け取ったとしてもその後の契約に影響を与えないのです。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

経過保険料とは

読了までの目安時間:約 2分

 

火災保険の契約方法には1年ごとに契約する方法と長期で契約する方法があります。そして、長期契約のほうが保険料が安くなるメリットがあります。なんでもそうですが、長期で一括でお金を支払うほうが有利な条件になるのが普通です。
割引率は保険会社により違いますが、一例を紹介しますと5年の割引率が14%で10年の割引率が18%で20年の割引率が28%となっています。最大36年の場合は30%を越える割引率になっています。
割引率ではなく具体的な数字でいいますと、1年の保険料が3万円のとき30年間更新を続けると90万円になりますが、30年の長期一括契約にしますと約64万円ほどになります。このように数字で示しますと割安感を実感することができます。
長期を契約をしますと、保険料が安くなるのが魅力ですが、不安なのはなにかが起きて保険を解約したくなるときです。解約したときにお金が戻ってこないなら大きな損失になってしまいます。
しかし、火災保険では解約をしたときに保険料を返還する制度があり、残っている期間分の保険料を返還するようになっています。ですから、返還する保険料は全期間の保険料から既に経過した保険料を差し引いた金額になります。そして、この既に経過した保険料を経過保険料といいます。
なお、返還される保険料を解約返戻金といいますと、その計算方法は長期で一括で支払った保険料に未経過料率を乗じた金額になります。そして、未経過料率はそれぞれの保険会社により異なっています。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

途中解約時の解約払戻金

読了までの目安時間:約 2分

 

保険というものはその性質上、一度契約をしたら契約期間中は解約をせずにそのまま加入をしておくのが一般的です。契約期間中に中途で解約をしてしまうとそれまでに支払ってきた保険料の一部しか戻ってこないからです。
保険の契約期間中にもかかわらず、契約を途中で解約してしまった際に保険会社から戻ってくるお金のことを解約払戻金といいます。保険の契約を途中で解約した場合、実際にどれくらいの金額が戻ってくるのかは保険の種類や契約をしてからの期間によって異なってきますが、ほとんどのケースでは解約による払戻金はそれまでに支払った保険料の総額から考えると非常に少額となってしまいます。特に契約をしてからあまり日数が経過していない保険を途中で解約した場合には、保険の契約に関する経費が差し引かれてしまうことからわずかな金額しか払戻金として戻ってきません。
ただし保険の種類によっては長期間の契約をし続けることで、たとえ途中で解約をしたとしても支払った保険料を上回る払戻金が戻ってくるタイプのものもあります。
もしも将来的に保険の内容を変更したり、乗換えを考えているのであれば掛け捨て型の保険を契約するというのもひとつの手段です。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

マンションで下の階へ水漏れされた場合の補償

読了までの目安時間:約 2分

 

集合住宅で下の階などへ損害を与えてしまった場合には、責任問題となる事が多く、事前にこの損害について必要となる知識を身につけ、費用を支払う方法を把握しておく事が重要になります。
集合住宅の場合は、このような問題が大きく発展することもあり、事前に必要な対応策を検討しておくことが重要になるのです。
一般的に、集合住宅の共用部分に損害が生じた場合は、この集合住宅で組織された組合が損害を補償することになります。
また、工事での不具合や建設時に問題があった場合には、施工業者や製造業者が費用を負担することになるのです。
この場合には、施工業者などが加入している保険によって、これらの損害が補償されるようになっています。
しかしながら、個人で他の住人の方に損害を与えてしまった場合は、これらの補償がされないので、個人で加入している保険を利用する事が必要になります。そして、水漏れの場合は、賠償責任に対する補償が必要になり、予め商品に加入しておくことが重要になるのです。これは個人賠償責任特約と呼ばれる保険の特約で、他の住民の方に損害を与えてしまった場合に、その損害を賄う費用を補償してくれる特約です。このような特約は個人の過ちによる他者への損害に有効なものですので、水か漏れた問題で補償されないということも無いために、事前に加入しておく事が必要になります。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

もらい火で延焼してしまった!火元の家の保険が補償してくれるの?

読了までの目安時間:約 2分

 

もらい火で自宅が延焼してしまった場合、日本の法律では原則として火元となる相手方に損害賠償請求することはできません。
なぜなら失火法という法律により特別に規定されているからです。
まず、民法709条に「故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」とあります。
これによれば、過失により失火し他人の家や家財が類焼した場合、損害賠償責任が生じることとなります。
しかし、失火法により失火だけは重大な過失がない限り損害賠償義務は生じないと定めてあるのです。
つまり、日本では火元の家の保険では補償されないため、火事に対する備えは自分自身で準備しておかなければならないのです。
ただ、最近では「類焼損害担保特約」がついた火災保険商品が多くあります。
類焼損害担保特約とは、自宅からの出火によりご近所の住宅や家財が類焼し、類焼先の火災保険で十分に補償されない場合に、法律上の賠償責任が生じない場合であっても類焼先の修復費用の不足分を補償するというものです。
もしも、火元の家が加入している火災保険にこの特約が付帯されているのであれば、火元の家の保険で補償してもらうことも可能となってきます。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

地震が原因の火災の場合

読了までの目安時間:約 2分

 

一般的な火災保険という商品は、地震などの天災により被った損害を補償するものではありません。その為、この天災を原因とする様々な損害に加え、この天災が原因になる火事は補償されないものとなっているのです。そして、この天災によって建物に延焼が生じた場合も補償の対象とされないために、この天災に備え事前に何らかの対策を講じておくことが必要になるのです。この天災による損害を補償するもととして用いられている商品が地震保険となります。
この保険では、この天災を原因とする火事などの損害に加え、埋没や流失などの損害にも対応したもので、保険でカバーされる建物が損害を受けたと確認された場合に、一定のお金が支払われる事になります。この保険は火災保険に付帯するかたちとなることが多く、単一の商品としては加入できない事が多くなる為に、事前にこの商品について確認しておく事が必要になるのです。
又、この保険は建物と所有物を補償する内容が別になっていますので、これらの補償を希望する場合はそれぞれの商品に加入する必要があります。
この保険は、通常の保険とは異なり、実際の損害額が支払われるものではなく、被害の程度の評価が行われ、その金額の割合を評価しお金が支払われるものとなるのです。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

住宅金融支援機構の火災保険

読了までの目安時間:約 2分

 

住宅を手に入れるとなると、かなり高額の予算が必要になってきます。よほど預貯金や収入に余裕がある人でない限り、ほとんどの人は住宅を購入する際には金融機関が取り扱っている住宅ローンのお世話になるはずです。
金融機関の住宅ローンを利用する際には、必ず住宅金融支援機構の火災保険へ加入することになります。火災に備えた保険としては民間の保険会社の取り扱っている火災保険がありますが、先ほど述べた火災保険とはその目的が若干異なっています。
民間の火災保険は、火災による住宅の全焼や家財道具などが全焼してしまった場合にその損失を補う目的として加入します。それに対して住宅ローンを利用する際に加入する火災保険では、万が一火災や地震などの災害によって住宅を失ってしまった場合、支払われる保険金で住宅ローンの残りを支払う目的で加入するのです。
仮に住宅ローンの利用時に火災保険へ加入していない場合、火災や地震などで住宅を失うような状況になったときに住む場所を失うことになり、また住宅ローンの残りを返済するのも非常に困難となってしまいます。
ただし住宅ローンの利用とともに加入する火災保険は、ローンを完済すると同時に保険の契約は終了します。その後は民間の火災保険を契約することになるので注意が必要です。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0