カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

分割払いと分割回数について

読了までの目安時間:約 2分

 

分かれ道とビジネスマン

カードローンを利用して借金をすると、分割払いによって返済していきます。カードローンでもキャッシングのように一括で返済できるサービスもありますが、カードローンの利点は分割での返済ができることです。

分割での返済を選択することが多いです。

借金を分割して返済していくので、毎回の返済額は少なくなります。このため、多額の借金を行ったとしても、無理なく返済できます。

ここで、分割返済を選択したなら分割回数を選ぶことになります。

分割回数が多いほど返済期間が長くなります。

借金はできるだけ早く返済したほうが、心理的に楽になるので、返済の回数が多いほど返済の負担が増します。

しかし、きちんとした返済計画をたてて返済する場合には、返済回数が多くても無理なく返済できます。

住宅ローンなどの多額のお金を借り入れることが目的のローンでは、利息がかなり低く設定されています。

しかし、カードローンでは少額の借り入れを行うローンなので、その分金利が高く設定されています。

返済回数が多いとそれだけ何回も高い金利による利息を払います。返済期間が長くなれば、借金していることを忘れて新たな借入を行うこともあります。

その場合は借金がたまって、返済が追いつかないこともあり得ます。返済回数を決める際には、返済がしやすい回数を選んでください。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

カードローンの基礎知識   コメント:0

元金均等方式の仕組みとは

読了までの目安時間:約 2分

 

カードローンの返済方法としては元金均等返済と元利均等返済とがあります。ここでは元金均等返済について見ていきます。

元金均等方式では返済をしていくと利息の支払いが減少する返済方法です。返済をしていくと利息が減少していくという理由は、利息の計算方法にあります。

元金を返済するとき、それを返済期間で均等に分けて返済していきます。返済期間中で元金の返済額はずっと一定です。

利息は元金残高に応じて計算されます。

最初の頃は元金の残金が高いので、その分利息が高くなります。

しかし、返済を続けていくと徐々に元金の残高が減少していきます。利息分の支払いが減少することになります。

この様に元金を均等にして返済する方式では、支払いを続けていくと返済額が減少します。

このためこの返済方法では返済していくと、どんどん支払いの負担が軽くなります。

返済期間が短くなるので、全支払額も元利均等返済よりも少ないです。しかし、支払いを始めた頃の返済額が多いので、借り入れしたい額よりも少ない額しか借り入れられないこともあります。

この方式はあまり一般的な返済方法ではありません。

このため、すべての金融機関で扱っているものではありません。

いつも利用している金融機関で借りたい場合には、この方式の返済方法があるのかを確かめてください。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

カードローンの基礎知識   コメント:0

元利均等方式の仕組みとは

読了までの目安時間:約 2分

 

カードローンを利用するときは、あらかじめ返済の方法を知っておく必要があります。

そもそも、ローンの返済には利息がついてまわりますが、この利息がいくらになるかは金利によって変わってきます。

仮に金利が固定の場合でも、元金の残額にかかるので、その金額によって利息は変わってきます。

そのため、毎回の返済金額の計算は複雑になりがちです。それを簡単にするための返済方法が、元利均等方式です。

これは簡単に言ってしまうと、毎回の返済額を一定にするという方式です。

初回から最終回まで、常に一定の金額を返済していきます。この方式の利点は何といっても、返済の目処が立てやすいということです。

毎月の返済額が決まっているので、先々までの計画を正確に立てることができます。

ただし、注意しなければならないこともあります。それは、利息の総額が割高になってしまうということです。

常に一定の金額を返済するということは、元金の多く残っている返済当初は利息分が多くなるということです。

結果として、初期の段階では元金がなかなか減らないという悪循環が起こります。

カードローンではそこまでの差にならなくても、住宅ローンだと元金均等方式に比べて数十万円ほど利息分が多くなるケースも出てきます。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

カードローンの基礎知識   コメント:0

カードローンの支払方法と返済額

読了までの目安時間:約 2分

 

カードローンの支払方法は、一括払いと分割払い、それにリボ払いという三通りに大別できます。

この内、一括払いはその名の通り、一度で全額を支払うことになります。

多くは月末が支払いの時期となり、その時点での預貯金が不足していないことが求められます。

分割払いは、設定した回数で返済を終えるようにします。必ず決められた回数で支払いを終えられるという利点があります。
ただし、一括ほどではないものの、支払額が大きくなる可能性があります。

リボ払いは、決められた金額を支払い続けることになります。この金額には元金と利息分が含まれます。支払額が少額だと利息分が多くなり、元金がなかなか減っていかないことがあります。

どの方法を選ぶかは、そのときどきの状況によって違います。前述のように一括と分割は返済額が多くなる可能性があります。一方でリボ払いは返済中に支払いが増えても、返済額が変わらないため、負債が大きくなっていることに気づかないこともあります。

ローンの返済額には金利も大きく影響してきます。金利が安ければ返済額は少額で済みます。

反対に金利が高いときは、全体の返済額も大きくなってしまいます。

金利は常に変動していますが、ある時点で固定するケースもあります。

attractive asian woman studying

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

カードローンの基礎知識   コメント:0

残高スライド定率方式について

読了までの目安時間:約 2分

 

カードローンの場合、様々な返済方法から選択することができます。

今回は、その中でも最近利用されることが増えている返済方法について解説していきます。

多くの消費者金融やキャッシング会社で取り入れられている方法として、残高スライドリボルビング方式というものがあります。

借入金額スライドリボルビング方式と呼ばれる場合もあり、利用者が多い方法です。

毎月の返済金額が、残高にあわせてスライドしていく仕組みとなっており、元金がなかなか減らないという事態を回避するために設けられています。

この残高スライドリボルビング方式には、大きく2種類があります。その特徴とメリットなどについて触れていきます。

まずは残高スライド元利定率リボルビング方式というものがあります。元金(借入残高×残高によってスライドした定率)+利息によって計算される方法です。毎月の元金・利息の合計が、段階的に変わっていくタイプのローン返済方式と考えればいいです。

次に残高スライド元金定率リボルビング方式があります。

借入残高に対して、定率がかかった金額+利息の合計金額を支払っていく方法となっています。

この方法を選択する人は多く、毎月の支払負担額が少なく済むというメリットがあります。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

カードローンの基礎知識   コメント:0

残高スライド定額方式について

読了までの目安時間:約 2分

 

残高スライド元利定額リボルビング方式は、返済方法の一つです。この返済方法は、利息も含んだ返済額に応じて、段階的に毎月の返済金額が変更される契約内容になっています。

リボルビング方式の返済には、残高スライド元金定額リボルビング方式もあります。この場合には、毎月の返済額の元金が借入金によって段階的に変化する契約内容になっています。カードローンを利用する際には、リボルビング方式の返済方法だとどちらの契約になっているのか確認が必要です。

オペレーター二人

この他にも一括返済や元金均等方式などがあります。元金均等方式は、返済回数が決められている点です。多くの人が利用するのがリボルビング方式です。理由としては、毎月の返済金額が少なくて済むからです。

リボルビング方式の利点は、毎月一定の金額を返済すれば良い点です。

返済方法の多いカードローンとは、キャッシングになります。

キャッシングはフリーローンとも呼ばれます。目的別ローンと異なり、利用が可能なキャッシングの枠がある限り何回でも利用が可能です。

返済方法もリボルビング方式が利用出来るのが特徴になります。

利用出来るキャッシングの金額自体は多額ではありませんが、比較的に利用がしやすいカードローンの種類になります。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

カードローンの基礎知識   コメント:0

定額リボルビング方式について

読了までの目安時間:約 2分

 

カードローンの返済方法として人気が高いのが、リボルビング方式です。リボルビング方式には大きく分けると3種類あります。

それは定額方式、定率方式、残高スライド方式です。

定額方式は、元利定額リボルビング方式と元金定額リボルビング方式という2種類に分けることができます。

元利定額の方は、契約時にあらかじめ指定した金額を毎月支払い、その中から利息を差し引いた金額を元金への返済に充てていくという方式のものを言います。

この方式の特徴は、借り入れ当初は元金が多いので必然的に利息が多くなってしまうということです。

それに対して元金定額の方は、契約時に定められた一定額の元金に、その都度発生する利息をプラスして支払うという方式のものです。

ですから毎月支払う金額が変わってくるという特徴があります。
こうして見てみると、元金定額の方は常に元金がいくら残っているかを把握できるという良さがあります。ただし毎月決まった金額を返済していきたいという場合には元利定額の方が適していると言えます。

どの方式の返済方法を選ぶかによって、総合的な返済金額が異なってきます。返済方法を選ぶ際には、必ず返済シミュレーションを行って、金利についてきちんと把握する必要があると言えます。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

カードローンの基礎知識   コメント:0

定率リボルビング方式について

読了までの目安時間:約 2分

 

定率リボルビング方式の中には、元利定率リボルビング方式と元金定率リボルビング方式の支払方法があります。どちらも、毎月、借入額に対して一定の割合で、支払いをしていくものですが利息の扱いが異なります。
元利定率方式では、定率の返済金額の中に利息も含まれます。

例えば、10万円の借り入れがあり、年利12%の利息で、支払いの指定利率が10%という契約があったとします。始めの返済日には利息分の10万円に利息分の1千円をプラスした、10万1千円の10%の金額を支払いますので、1万100円を返済します。翌月の支払いは9万900円に発生した利息を加えた金額の10%を返済します。

一方、元金定率方式は、借入額にのみ定率が適応され、利息分は別に支払います。前述の例であれば、始めの返済日には、1万1千円を返済します。翌月は9万円の10%の9千円の他に、その月に発生した利息分を支払います。

どちらの場合も、借り入れ当初は毎月の支払額が多くなり、返済を続けていくと毎月の支払額は減って行きますが、支払い期間が長くなってしまうデメリットがあります。

また、元利定額リボルビング方式や元金定額リボルビング方式も支払額が割合ではなく、あらかじめ決めた金額となるだけで、利息の扱いは同じです。

Closeup on business woman with credit card dialing phone

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

カードローンの基礎知識   コメント:0

返済方法の種類について

読了までの目安時間:約 2分

 

電卓

カードローンはコンビニATMからでも借入しやすくなった事から、利用者が飛躍的に向上しました。カードローンを選ぶ時には借りやすさをチェックしてしまいがちですが、返済しやすさも併せて確認しておくことが大切なのです。

カードローンをに日常的に利用する人は特に、お金がある時に返す習慣をつける事が上手にカードを利用するコツなのです。

通常の返済方法は口座振替か振込です。ローン会社によって毎月何日間か振替日が設定されているので、返済金額と希望の振替日を給与振込日の直近で登録します。毎月決まった金額をコンスタントに返済することができるので、毎月使えるお金の計算がししやすくなります。

また毎月の最低返済額が定められており、借入額が50万円以下なら1万円、50万~100万円なら15000円と50万円増えるごとに5000円ずつアップしていきます。

これは残高スライドリボルディング方式と言われ、無理のない支払額で確実に返済する方法になります。

借入残高が減っていくと毎月の返済額も少なくなり、今のカードローン業界で最もスタンダードな方法です。

更に臨時返済を行う時の取り扱い口座をネットバンクに指定しておくと、24時間パソコンやスマートホンで返済できて便利です。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

カードローンの基礎知識   コメント:0

返済方法の多いカードローンとは

読了までの目安時間:約 2分

 

現在カードローンの返済方法はリボルビング方式が主流です。その中でも元利定額方式が最も多い方法です。

リボルビング方式とは、返済元本に対して利息がかかり、債務残高が減少すると支払い利息も減少していく仕組みです。
大きく分けて、残高スライドリボルビング方式、定率リボルビング方式、定額リボルビング方式などがあります。

また、残高スライド型元利定額リボルビング方式は、元金が減少しにくいということはありますが限度額内で何度も借りたり返したりできるため、多くのローンに取り入れられています。
住宅ローンなどに多く見られる元利均等払いは、利息と元金を毎月一定の金額で返済して行く方法です。

長期で計画的に返済するには便利な返済方法です。この方式に残高スライド型元利定額リボルビング方式が組み込まれています。
その他に、キャシングなどでも馴染みがある分割払いがありますが、これはローンごとに再計算されますので返済が大変になるばかりか、総支払額も大きくなりローンには向いていません。

また、元金均等払いは毎月の返済が進むほど返済額が減って行く方式ですが、途中で借り足すことがあるローンにはあまり向かない返済方法です。
以上のように様々な返済方法がありますが、ローンの返済の基本は毎月決められた日に一定の額を返すのが常識です。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

カードローンの基礎知識   コメント:0

1 2 3 8