カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

賃貸物件における賠償責任

借りている部屋が損壊した場合は、その部屋のオーナーに対してこの損害を負担する必要があります。この賠償責任を補償する保険は、何らかの事故により他人にけがをさせてしまったり、他人の所有物を破壊したことで、賠償責任を負った場合にお金が支払われるものです。
借家人の過失により建物がダメージを負った場合は、オーナーが加入している火災保険と借主が加入している借家人賠償責任補償のどちらかが適用され、この損害を補償されることになりますが、一般的にはオーナーが加入している火災保険で損害が修復されるケースが大半です。これは賠償請求する場合に、お金を受けとるまでに長期的な時間が必要になることなどが多いためです。
又、賃貸住宅に入居する場合は、個人賠償責任の特約と借家人賠償責任補償の両方が必要で、火災などでオーナーに対しての損害賠償の責任を負った場合に、これらの補償が重要になります。
借主の過失で火災を起こしてしまい、オーナーに対してお部屋の賠償責任を負った場合は、個人賠償責任特約では保険金の支払の対象とはならないので、このような損害賠償の必要な事態に備え、借家人賠償責任に関する補償を準備しておくことが必要になるのです。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧