カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

病気と怪我

かつて、死亡保障が主流だった生命保険は、近年生きるための保険が,、主流に変わってきています。ところで、将来に対する不安に、どんなものがありますか?死亡による経済的損失は、だれもが抱く一番大きな不安です。その他にも入院による出費や、介護状態による出費、老後の生活資金不足などが考えられます。

年代やその家族構成によって、必要とする保障の時期や額はそれぞれ違います。若年期の人は、まさかのときに家族の生活を守りたいと死亡保障を契約し、老年期の人は働けなくなったときや、介護状態になったときの生活資金のために年金保障を考えます。

ところが、病気や怪我はだれの身にも、予期せず突然起こりうる大きな不安要因です。いつでもどこでも、老若男女がその予備軍ともいえます。そんな生きるための保険に重きが置かれるようになったのは、自分のことは自分で守るしかないという考え方が、主流になってきたという社会的背景があります。国からの保障が十分でないという現実をしっかり受け止めておく必要があります。

特に不慮の事故による怪我は、待ったなしです。突然起こる働けないという現実が、容赦なく我が身にふりかかってきます。そんなときのために、死亡保障だけでなく生きるための生命保険の加入が必要です。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧