保険金額

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

保険金額の範囲

地震や噴火、津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する保険が、地震保険です。
火災保険では、地震を原因とする火災による損害などには補償されないので注意しなければいけません。
地震保険を契約するには、火災保険とのセットでの契約になります。
契約期間の途中からでも地震保険に入ることができます。
地震保険の対象には、居住用の建物と家財があります。
保証内容は、火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で地震保険の金額を決めることが出来ます。
これには、限度額があり、建物分は5000万円、家財は1000万円とされています。
また、工場や事務所専用の建物などの住居として使用されていない建物分は対象外となります。
1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・宝石・骨とう、通貨、有価証券、自動車なども対象外となります。
支払いについては、全損、半損、一部損に分けられて、それに沿って支払われます。
全損が契約金額の100%、半損が50%、一部損が5%となります。
地震が多い日本では、地震保険についてよく考えるべきものです
自然災害は、いつどこで起こるかわからないものですから、備えておく必要があります。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧