火災保険の必要性

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

火災保険の必要性

住宅を購入する際、多くの人は火災保険に加入します。

 

木造や鉄筋など建物の構造によって金額に大きな差はありますが、
年払いや一括払いにかかわらず、支払う総額は数十万となり相当なものになります。

 

それでも保険に加入する理由としては、それが必須の条件だからということが大きな一因となっているでしょう。

 

住宅を購入するにあたり、住宅ローンを組む人が大多数ですが、
その住宅ローンを組む際に保険への加入が条件となります。
金融機関によっては、金融機関が指定する保険であることが条件となるところもありますし、
住宅購入をする人が自ら保険をさがし、その保険加入がわかる書類があれば、審査が通る金融機関もあります。
いずれにしても保険加入は必要条件です。

 

新居に住み始め、住宅ローン返済が始まり、
万一火災が起こり、住居が全焼したとしたら、
家もない、頭金を払って貯蓄もない、多額のローンはある、でローンの返済どころではなくなってしまいます。

 

金融機関としても、金額が大きな住宅ローンの返済が滞るということは大きなマイナスとなります。

 

それゆえ、住宅購入者を守るためにも、金融機関を守るためにも
万一に備える保険加入というのは大変重要なものなのです。

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧