カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

風災

夏から秋にかけていくつもの台風が通過する日本。猛烈な風や雨により、毎年多くの建物にも被害が発生しています。さらに最近では日本各地で竜巻も数多く発生しており、局地的に甚大な被害をもたらしています。このように自然災害の被害を受けやすいこの国において、安定した暮らしを維持していくためには万が一の際の備えを十分にしておかなければいけません。なかでも損害保険への加入は必須です。
損害保険の代表格ともいえる火災保険は、その名のとおり不慮の火災による被害の補てんを目的としたものですが、じつは台風や竜巻などの風災による損害に対しても補償の範囲が及びます。まさに地震以外の災害リスクへの備えとして、マルチな役割を果たす損害保険なのです。ただし契約している火災保険の種類によっては請求できないケースもでてきますので注意が必要です。たとえば以前主流であった住宅火災保険では、保険金の請求額は20万円を超える損害を受けた場合に限られてしまいます。現在の火災保険の多くはあらかじめ設定された自己負担額を超える部分を補償する仕組みになっていますが、過去に長期契約した火災保険を利用している場合は、前述した規定について確認しておく必要があります。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧