カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

雹災

日本は、台風やせん風、暴風、暴雨風雨などによる風災、ひょう災、豪雪や雪崩などの雪災による被害が非常に多い国です。雹による被害は、一戸建ての場合、火災保険の支払件数ランキングでも上位に入るほど多いものです。

万が一、これらの災害により住宅が破損して被害を受けた場合、火災保険に加入していれば補償を受けることができます。
風災、雪災などにより、建物や家財に損害が発生した場合、火災保険から保険金が支払われますが、場合によっては保証されない風災事故があります。
風災補償には、風や雹、雪などによる事故で20万円以上の損害額があった場合、損害を受けたものすべて補償される契約や一部を自己負担しなければならない免責金額が設定されている契約などがあります。
火災保険の保険証書には、「風災・雹災・雪災により損害を受けた場合、損害額が20万円以上になったときに限り、損害保険金が支払われます」という規定のある場合があるので、事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

また、窓や戸が開いていて、そのために雨風等が屋内に吹き込んで起こった損害については補償されません。
しかし、強風や台風によって飛来物が飛来し、屋根や窓ガラスなどが破損して雨風が吹き込み、家財や建物に水濡れ損害が生じた場合は、火災保険の補償対象に該当します。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

«  | ホーム |  »