カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

介護保険の内容詳細

介護保険には国が準備している公的なものと、民間の保険会社が準備しているものがあります。

公的なものは40歳以上の人に税金を負担する義務があり、強制的に加入させられます。民間のものは各保険会社で加入年齢を設定しており、加入した人が保険料を支払うシステムです。

公的な保険を受けられる人は加入している40歳以上の人の中で、第1号被保険者と第2号被保険者に分けられます。第1号被保険者は65歳以上で、要介護認定を受けた人です。

kaigo

要介護認定は1から5まであり、数字が大きいものほど重い状態を指します。

第2号被保険者は40歳以上65歳未満で、16種類の特定の病気にかかって要介護と認定された人のことです。

特定の病気とはがんや間接リウマチなど、主に加齢が原因でかかるとされている病気です。

公的保険の受給を受けるには、第1号被保険者、第2号被保険者ともに40歳以上で保険料を納めていることが条件です。

つまり保険料を納めていない40歳未満の人は介護状態になっても公的保険の受給ができません。

民間の場合は加入できる年齢に定めがなく、各保険会社で設定されています。

そのため各保険会社の年齢をクリアしていれば加入でき、40歳未満で介護状態になるリスクに民間の保険を活用している人もいます。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧