カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

生命保険の加入率って?

生命保険は自分に万一のことがあったときに、残された家族にお金を残すためのものです。国や自治体では国民が万一のときに困らないよう、遺族年金や介護保障などを用意していますが、それだけでは不足する部分も多いです。そのため多くの人は自ら民間の保険を選び、万一のときに備えています。
日本人の保険の加入率は約80パーセントです。以前は男性が一家の稼ぎ頭だったため男性が加入している率の方が高かったですが、現在は女性の社会進出で性別に関係なく同じくらいの人が保険に加入しています。女性の方が加入している率が高い年代もあります。
年齢別にみると、20代で加入している人は50パーセントほどで、30代になると80パーセントほどに増えます。これは結婚したり子供が生まれたりしたことで責任が増え、家族のためにお金を残さなくてはと考える人が増えるためです。20代は就職を機に保険に加入する人が多いですが、保険を考えるきっかけが少ないのと金銭的な理由から加入しない人もいます。
圧倒的に加入している率が高いのは40代から50代で、60代になると加入者が減ります。50代で子供の手が離れる人が多いこと、60代で定年を迎えることなどから、それを機会に保険を見直して保険料を抑える人が多くなっています。

af9920062037l

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧