カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

漏水・水濡れとは違うの?

火災保険で補償される自然災害と漏水などによる水濡れには幾つかの異なるポイントがあります。天災が原因となるものは、台風や集中豪雨による洪水などが原因で、これらの天災が原因となる浸水で損害を補償することになります。
しかし、一般的な漏水というものは、設備的な問題や事故などで、他人の住居に損害を与えてしまうもので、火災保険はこのような水濡れ損害を補償する商品でもあります。しかしながら、一定の損害を除き、設備に生じた損害は補償されることがありませんので、事前にその補償内容を詳しく理解しておくことが必要になるのです。
一般的な水災では、豪雨で床上浸水したようなケースや、河川などの氾濫で浸水して住居の修復が必要となった場合に、損害が補償されるものです。このようなケースで一定の基準を超える浸水である場合は、事前に規定された基準を超える浸水で補償が適用される事になります。
又、水濡れは、設備が破損し損害が発生した場合や、住居の給水管などが破裂して室内が水浸しになったケースで適用されるもので、対象となる住居が損傷してしまった場合に補償されるものです。このようなケースでは設備に生じた損害は補償されない事になる為に注意が必要になります。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧