カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

長期契約と1年契約の差額

火災保険に加入するときは、1年間から36年間までのタームをベースとして契約者が保険期間をチョイスことができます。ただし住宅ローンを組んでマイホームを買うときには、不動産会社や金融機関で火災保険の契約をすることが頻繁にあり、ロングタームで契約すると、さらに安くなりますと言われたことがある人も多いのではないでしょうか。また、20年の住宅ローンなら20年の火災保険、というように住宅ローンのタームに合わせた保険期間で締結するよう、融資先の金融機関から求められるパターンも少なくありません。損害保険では、3年以上の保険契約のことをロングタームの契約といい、ロングタームの契約で保険料を一括で支払いする場合、タームに応じた保険料のクーポンがあり、1年ごとに同じ内容の契約をロールオーバーしていくよりも保険料は安くなります。これは、翌年以降の保険料を事前に前払いするので、契約時点のプレミアム等が考慮され、保険料が割り引かれるためで、具体的には、1年契約の保険料にロングタームの係数というロジックを用いて、保険料が計算されます。そこで、長期契約の保険料のクーポンを享受しつつも、毎年の長期契約の差額を省き、実態との大きな乖離をケアするなら、4年間ぐらいのタームがベターで、保険料を抑えたい時には、保険タームに優先して、火災保険のケア内容が保有物件にとって適切かどうかの調査をし、まずは補償に優先順位をつけることが理想です。

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧