保険料の相場

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

保険料の相場

近年、日本は多くの地震が頻繁に発生します。そのような被害にも対応するために多くの国民は地震保険に加入します。そもそも火災保険に付随する地震保険ですが、大震災を機に普及率が高くなってきています。この保険は民間の損害保険と国の共同で運営しているため、地震保険の保険料はあらゆる損害保険と比較してもほとんど同じです。しかし、住宅や家財の規模に応じて少しは変わってきます。火災はなんらかの自身の原因で発生しますが、地震は自然災害なので、誰のせいでもありません。そのような地震が日本は頻繁に起こりやすいので国が民間の損害保険と共同で運営することになりました。地震保険の支払う金額は、木造か非木造の建築によって異なってきます。ある保険会社の相場で言うと、保険金が1000万ならば、木造の月額は10000~30000円くらいで、非木造では5000円から17000円くらいと、木造の方がリスクが高いので、料額も高くなります。また、大都市だから絶対に相場が高いとか地方だから絶対に相場が低いというわけではありません。福岡のように大都市にも関わらず安いところもあれば、地方としても東京と同じ金額が設定されているところもあるところもあるので、注意しましょう。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧