損害規模の定義

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

損害規模の定義

基本的に、火災保険は地震などによる天災での損害は補償されません。しかし、別途に地震保険に加入しているのであれば、地震という天災に加え、噴火や津波などが原因によって建物や家財が損害を受けた場合も補償されることになります。しかし、この保険は建物を修復するための費用を全面的に賄うものではなく、再建の修復費用を補うというものとなっています。
火災保険では建物が損害を被った際に、事前に規定された金額が支払われますが、地震保険ではこの火災保険で補償された一定の割合でしか加入することができません。地震保険の保険金額の範囲は火災保険の保険金額の半額くらいまでが限度です。
また、この保険金の額は損害の規模により異なり、損害の程度によって支払われるお金の割合が決められています。その為、この商品に加入する際には、損害の規模や補償額に加え、認定基準なども詳しく確認しておくことが重要になるのです。そして、地震により、主要構造部に損害が生じた場合、保険金が支払われるのは時価の一定の割合であることが条件となるために、損害を被っる可能性のある部分の床面積や建物の延床面積などを予測し、半損や一部損などの損害規模で異なる保障の条件を明確にしておく事が重要なのです。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧