カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

長期年払とは

ほとんどの方は自分の住んでいる住宅に火災保険を掛けているはずです。この火災保険とは火災や落雷・爆発・風災・雪災になどによる損害を補償する保険のことで、建物と建物の中にある家財が対象になります。建物と家財は別々の契約になるので注意してください。保険を掛ける期間は、賃貸に住んでいる方なら賃貸契約の更新に合わせて1~2年だと思いますが、持ち家の方などは住んでいる間はもしもの時の為にずっと入り続けることになります。そこで火災保険の「長期契約」について考えてみたいと思います。一般的に火災保険料は長期契約の一括払いをするほど割安になるようになっています。住宅ローンなどを利用していたら30年契約などの場合もありますが、ローンが終わられた方などは5~10年契約が多いようです。ただし一括して保険料を支払うには、まとまったお金を用意しなくてはならず家計への負担がかかってしまいます。そこで一括払いより割引率は低くなりますが、契約は長期で設定されるが保険料は毎年支払っていく「長期年払」という方法があります。こちらはいったん契約してしまえば火災保険料は期間中は固定されますし、契約期間中に解約しても違約金などはとられませんので、今契約している保険より割安やお得なものが出たらそちらに乗り換えることも可能です。年払いのように毎年契約の継続をする手間もかかりませんし、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧