カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

火災保険は長期がお得

家の新築や建売購入により、新たにマイホームを取得される方は、一緒に火災保険にも加入されるでしょう。
保険については、購入した住宅会社から斡旋されたり、勤め先の福利厚生として提携している保険会社を利用したり、ネット保険を活用したりと、様々なケースがあります。

 

火災のような損害保険については、通常は1年契約のケースが多くなります。
しかし、保険契約では、1年契約のような短期よりも、長期契約の方が保険料としては割安になります。
特に住宅のように、ローンに合わせた長期間の補償を前提とし、契約内容も基本的に長期間変更がない場合は、長期契約の方が圧倒的に割安になります。
住宅ローンの返済期間に合わせた36年の契約も可能なのです。
こうした長期間の契約により、1年契約を36回繰り返した場合の保険料と比べて、3分の1程度まで保険料を下げられるケースもあります。

 

ただし、長期の契約では保険料が前払い方式となるため、数十万円単位の金額を事前に用意する必要があります。
また、他社への保険の乗り換えも容易ではないため、長期の保険を契約する場合には、補償内容や契約内容を十分に確認しておく必要があります。

 

新居に住み始めるまでには保険契約を済ませる必要があるため、直前になって慌てることがないように、早めに保険の検討を始めましょう。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

保険のあれこれ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧