カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

賃貸マンションの火災保険選び

賃貸マンションに居住される場合の火災保険ですが、建物に関しては所有者の方が入られるので必要ありません。
入居者が入らないといけないのは、まずはご自身の家財の損害を補償する家財保険です。
家財保険では通常、火災・落雷等だけではなく給排水設備の事故による水濡れや、盗難なども補償の対象となります。
つぎに、賃貸マンションに居住される場合に特に必要となってくるのは、借家人賠償責任に対する補償です。
例えば、引っ越し作業でテーブルを運んでいたところ誤って壁にぶつけてしまい壁がへこんでしまった、といった場合のように、偶然な事故により大家さんに対し法律上の損害賠償責任または契約上の責任を負担した場合に保険金を支払ってもらえます。
他にも、個人賠償責任に対する補償もそなえておくべきです。
例えば、偶然な事故により自分の部屋のお風呂の水があふれ出してしまい階下が水浸しになってしまったため、法律上の損害賠償責任を負担しなければならなくなった、といったような場合に保険金が支払われます。
ただし、この特約に関しては自動車保険や傷害保険などでこの補償と同種の賠償責任を補償する契約がある場合があり、その場合は補償が重複してしまうので他の契約を十分に確認する必要があります。

 

 

">カードローンの審査と賢い選び方はこちら">カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

この記事に関連する記事一覧