カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

もらい火で延焼してしまった!火元の家の保険が補償してくれるの?

もらい火で自宅が延焼してしまった場合、日本の法律では原則として火元となる相手方に損害賠償請求することはできません。
なぜなら失火法という法律により特別に規定されているからです。
まず、民法709条に「故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」とあります。
これによれば、過失により失火し他人の家や家財が類焼した場合、損害賠償責任が生じることとなります。
しかし、失火法により失火だけは重大な過失がない限り損害賠償義務は生じないと定めてあるのです。
つまり、日本では火元の家の保険では補償されないため、火事に対する備えは自分自身で準備しておかなければならないのです。
ただ、最近では「類焼損害担保特約」がついた火災保険商品が多くあります。
類焼損害担保特約とは、自宅からの出火によりご近所の住宅や家財が類焼し、類焼先の火災保険で十分に補償されない場合に、法律上の賠償責任が生じない場合であっても類焼先の修復費用の不足分を補償するというものです。
もしも、火元の家が加入している火災保険にこの特約が付帯されているのであれば、火元の家の保険で補償してもらうことも可能となってきます。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

この記事に関連する記事一覧