カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

住宅金融支援機構の火災保険

住宅を手に入れるとなると、かなり高額の予算が必要になってきます。よほど預貯金や収入に余裕がある人でない限り、ほとんどの人は住宅を購入する際には金融機関が取り扱っている住宅ローンのお世話になるはずです。
金融機関の住宅ローンを利用する際には、必ず住宅金融支援機構の火災保険へ加入することになります。火災に備えた保険としては民間の保険会社の取り扱っている火災保険がありますが、先ほど述べた火災保険とはその目的が若干異なっています。
民間の火災保険は、火災による住宅の全焼や家財道具などが全焼してしまった場合にその損失を補う目的として加入します。それに対して住宅ローンを利用する際に加入する火災保険では、万が一火災や地震などの災害によって住宅を失ってしまった場合、支払われる保険金で住宅ローンの残りを支払う目的で加入するのです。
仮に住宅ローンの利用時に火災保険へ加入していない場合、火災や地震などで住宅を失うような状況になったときに住む場所を失うことになり、また住宅ローンの残りを返済するのも非常に困難となってしまいます。
ただし住宅ローンの利用とともに加入する火災保険は、ローンを完済すると同時に保険の契約は終了します。その後は民間の火災保険を契約することになるので注意が必要です。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

この記事に関連する記事一覧