カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

住宅ローンを組んだら加入しないといけないのか

住宅ローンというと金利プレミアムだけが気にしがちですが、考えておかなければならないことが火災保険です。
住宅を購入する人にもよるでしょうが、一般的にローンはロングタームにわたって契約するケースが多く、その期間には何があるか分かりません。
このときに保険がない場合、稼ぎ頭が亡くなってしまったら、その家計の収入がないままローンだけは残ったままだったり、火事で住宅がなくなってしまえば住むところはない上にローンは残っている悲惨なことになってしまいます。
考え方は一緒ですが、資金を借りた側、貸した側ともに困ることのないように保険をチョイスすることがベターです。
単に火災保険を契約していても資金を貸した側からすれば、ローンの返済してくれないと仕事になりません。そこで火災保険の支払いが発生した場合に当事者ではなく金融機関などの資金を貸し手に率先的に保険金を支払うようにするような契約をすることができ、これを質権設定付きの火災保険と呼びます。
こうしたことから火災保険はどのローンを利用しても加入を勧められるパターンがあると思いますが、最近は火災保険については必須ではなくなっているようで、金融機関によっては勧めないところもあります。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

この記事に関連する記事一覧