カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

経過保険料とは

火災保険の契約方法には1年ごとに契約する方法と長期で契約する方法があります。そして、長期契約のほうが保険料が安くなるメリットがあります。なんでもそうですが、長期で一括でお金を支払うほうが有利な条件になるのが普通です。
割引率は保険会社により違いますが、一例を紹介しますと5年の割引率が14%で10年の割引率が18%で20年の割引率が28%となっています。最大36年の場合は30%を越える割引率になっています。
割引率ではなく具体的な数字でいいますと、1年の保険料が3万円のとき30年間更新を続けると90万円になりますが、30年の長期一括契約にしますと約64万円ほどになります。このように数字で示しますと割安感を実感することができます。
長期を契約をしますと、保険料が安くなるのが魅力ですが、不安なのはなにかが起きて保険を解約したくなるときです。解約したときにお金が戻ってこないなら大きな損失になってしまいます。
しかし、火災保険では解約をしたときに保険料を返還する制度があり、残っている期間分の保険料を返還するようになっています。ですから、返還する保険料は全期間の保険料から既に経過した保険料を差し引いた金額になります。そして、この既に経過した保険料を経過保険料といいます。
なお、返還される保険料を解約返戻金といいますと、その計算方法は長期で一括で支払った保険料に未経過料率を乗じた金額になります。そして、未経過料率はそれぞれの保険会社により異なっています。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

この記事に関連する記事一覧