マンションに必要な補償

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

マンションに必要な補償を考える

日本の法律では失火法というものがあり、火事によって他人に対して損害を与えたときは賠償義務を負わなくてよいことになっています。ですから、火災のリスクに対しては自分の財産は自分で守らなければいけなくなるのですが、その際に有用なのが火災保険です。
その意味でいいますと、戸建てよりもマンションのほうが他人から損害を受ける確率が高くなりますので、火災保険には加入しておくことが必要です。そのほかにマンション特有の事情を考えますと水漏れに対する補償があります。
水漏れは火災とは関係ないように思えますが、火災保険で加入することができます。一般的な火災保険は水漏れ事故もセットで契約する内容になっていることが多いですが、契約の際は確認することが大切です。もし、水漏れ事故が含まれていないなら特約で加入するのが賢いやり方です。
マンションにおける火災保険への加入で注意が必要なのは保険金額の設定です。評価額に目いっぱい設定をしていないと自分が考えていた保険金が受け取れなくなります。このようなケースを一部保険の状態といいますが、火災保険の意義を考えるなら一部保険は避けるべきです。
今度は反対に超過保険という状態もあります。これは評価額を越えて保険金額を設定しているケースです。火災保険はあくまで評価額に対して支払うものですから、評価額以上の保険金を支払うことはしません。ですから、その分は無駄な保険料ということになります。
このように火災保険に加入する際はしっかりと検討して加入することが大切です。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

この記事に関連する記事一覧