カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

マンションで下の階へ水漏れされた場合の補償

集合住宅で下の階などへ損害を与えてしまった場合には、責任問題となる事が多く、事前にこの損害について必要となる知識を身につけ、費用を支払う方法を把握しておく事が重要になります。
集合住宅の場合は、このような問題が大きく発展することもあり、事前に必要な対応策を検討しておくことが重要になるのです。
一般的に、集合住宅の共用部分に損害が生じた場合は、この集合住宅で組織された組合が損害を補償することになります。
また、工事での不具合や建設時に問題があった場合には、施工業者や製造業者が費用を負担することになるのです。
この場合には、施工業者などが加入している保険によって、これらの損害が補償されるようになっています。
しかしながら、個人で他の住人の方に損害を与えてしまった場合は、これらの補償がされないので、個人で加入している保険を利用する事が必要になります。そして、水漏れの場合は、賠償責任に対する補償が必要になり、予め商品に加入しておくことが重要になるのです。これは個人賠償責任特約と呼ばれる保険の特約で、他の住民の方に損害を与えてしまった場合に、その損害を賄う費用を補償してくれる特約です。このような特約は個人の過ちによる他者への損害に有効なものですので、水か漏れた問題で補償されないということも無いために、事前に加入しておく事が必要になります。

 

 

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

火災保険と分譲マンション   コメント:0

この記事に関連する記事一覧