カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

低金利の変動型住宅ローン

固定金利型の住宅ローンを利用するより、変動金利型で利用した方が、低金利でお金が借りられます。ただし、変動金利型は六カ月に一度金利の見直しがあります。最初は低金利でも、その後金利が上昇すれば返済総額にも影響は出てしまいます。ですが、金利は半年に1度変わっても、月々の返済金額が急に変わるわけではありません。5年に1回、返済金額はそれまでの金利によって変わります。また、変動金利によって金利が高くなった場合でも、現時点で返済している住宅ローンの1.25倍より高くなってはいけないという制限が存在しています。バブルのころに比べると、低金利と言われている今の時代、より利率の低い変動金利の住宅ローンはとても魅力的です。金融会社によっては、ほぼゼロといってもいい程の金利で住宅ローンを取り扱っています。変動金利で住宅ローンを利用した場合、金利が上昇して返済がきつくなる可能性があります。住宅ローンの返済額のほとんどが、まず利息部分にあてがわれてしまいます。せっせと返しても、住宅ローンの元金の返済はわずかに過ぎないこともあります。資金に余裕があるなら、変動金利で住宅ローンを借りた後、見直しで金利が高くなる前に返してしまいましょう。住宅ローン自体を減らしておくことが重要になります。住宅ローン返済をスムーズに行うためには、低金利の変動金利を選ぶことも意味がありますが、長期的な視点もポイントです。

カードローンの審査と賢い選び方はこちら

 

カードローンの基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧