カードローン 審査

カードローンの賢い選び方|審査に通らないとヤバいあなたへ

銀行・信販系と消費者金融の違いは?

銀行・信託系を使うべきか、それとも消費者金融にするべきか、キャッシングを利用したことの無い人は迷ってしまうでしょう。
最も賢い選択をするためにも、それぞれの違いについて、ここでは理解していきましょう。

まず銀行・信託系の場合、手持ちのカードにキャッシング機能が追加される感じですので、審査も厳しくなりがちです。
厳しいと言っても10万円程度の小口利用であれば、それほど年収等のハードルは高くならず、仕事と身元がしっかりしてるかどうかが決め手になります。
とりあえずキャッシングの権利だけを取得し、使いたいときが来る時のために持っておくというのが、正しい使い方だと言えるでしょう。
利息面では消費者金融より安い場合がほとんどですが、返済方法が厳しかったり、返済が遅れた場合のペナルティが厳しいような所もあります。

一方で消費者金融は、お金が必要と感じたときに契約し、その場でお金を借りるという感じになります。
審査はもちろんありますが、先述した銀行・信託系よりは緩い場合が多く、場合によっては年収申告と身分証明書のみでスグ借りれることもあります。
返済方法についても業者によって違いがあり、決まった期間でコツコツ返していくタイプから、しばらく利息だけ払ってボーナス等で一括返済するようなタイプまで存在します。
利息は若干高めとはいえ、最近では以前よりも随分と安くなり、銀行・信託系と大差は無くなっています。
返済が滞った場合も、しばらく待ってもらえる場合もあり、常識的な範囲の延滞なら大したペナルティは課せられません。

いずれも一長一短ですので、自分の利用目的と返済プランを考え、最適の選択をするようにしましょう。

→初めてお金を借りる!TOPページへ

 

カードローンの基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧